iPodやiPhoneでCD教材を再生する方法

英語のネイティブ音声を聞き、発音、ヒアリング、リピート学習をすることは、リスニング力を身に付けるために必要不可欠な方法です。

世の中には様々な学習法がありますが、リスニング力を鍛えるために最も一般的で効果が高いのは、ビジネス英語などの英語リスニング教材などの教材CDを再生し、速度を変えたりしながら練習することではないでしょうか。

今一般的に発売されている教材は、いわゆるCDプレーヤーでの再生だけでなく、iPodやiPhoneなどのモバイルデバイスに、データを取り込んで、聴くことを前提に作成されています。

電車やバスの中でヒアリング練習をするために、iPodやiPhoneは欠かせないアイテムといえるでしょう。これらを上手に使いこなすことで、少ない時間を有効活用でき、学習効率が良くなるのです。使い方になれていない人もいると思いますので、iPodやiPhoneでCD教材を再生する方法と、再生することによる学習方法などについて簡単に解説していきます。

まず教材CDをiPodやiPhoneで再生するのは思ったよりも簡単です。自宅にPCがあれば、まずiTunesというアプリケーションが普通はインストールされています。これを起動して、CD教材を、PCにデータとして取り込みましょう。取り込んでしまえば後はiPodやiPhoneにデータを移すだけ。とても簡単ですよね。もしiTunesがない場合は、インターネットに接続してみてダウンロードし、PCにインストールしてくださいね。

次にiPodやiPhoneに移したデータをどのように使うか。英語学習用の音声は、リピート学習や再生スピードを変えたトレーニングに向いています。特にリピート機能はアプリに元々ついていますので、繰り返して音声を聴きこむことが可能です。

また教材によっては再生スピードをあらかじめゆっくり、ネイティブのスピード、何倍速かのスピードで吹き込まれているものもあります。こういったものを探すことも大事なポイントです。

このような教材を通勤途中のバスや電車の中などで、ネイティブ音声を倍速などのスピードに変えることで、リスニング力を鍛えたり、音まねレッスンをしたり、リピートしたりといった要領で練習を繰り返すのです。これが英語学習者にとって最も効率の良い英会話練習の学習法になります。

このような音声をあらかじめ練習用にまとめた教材は、どうしてもそれなりの価格がするのですが、今はインターネット上に無料でデータファイルが提供されているものもあります。ぜひ自分に合った音声データを見つけて、語学学習を楽しんでみてくださいね。

広告

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

Hi! 私Suzy と申します。気軽にスーまたはスーちゃんと呼んでくださいね。
現在取得してます
英語の資格は、
実用英語検定(英検)1級
TOEICも905点
通訳案内(英語)
も取得しています。
>>詳しいプロフィール<<


はこちら

おすすめしない教材

このページの先頭へ