挫折しそう、どうしてもやる気がでない。そんな時は・・・

英語学習を続けていると、勉強方法や、受験英語との違いなどに戸惑い、なかなか思うように話せるようにならず、

思わず挫折しそうになったり、どうしてもやる気がでないときが必ずあるはずです。

挫折しそうになることは、決して恥ずかしいことではありません。どんな外国語でも、その言葉のネイティブでない限り、発音だって、文法だって、難しいのは当たり前なのです。

日本語で暮らしている環境で、英語を学習し続けるのには工夫が必要です。

どうしてもやる気が出なくなった時の対処法も考える必要がありますが、では、具体的にどうしたらいいのでしょうか?

まず大事なのは、英語はあくまで外国語であり、英語圏の人間と同じように出来る姿を目指す必要はないということです。

日本人は真面目な人がおおいので、アバウトでいい、通じればよい、という割り切りが上手ではないようです。

そこをもう少し大ざっぱでもいいと割り切れるかどうかがカギです。例えば発音を完ぺきにこなそうとか、文法を正確に覚えなければならない、といったことにとらわれ過ぎないことです。

次に大事なのは、片っ端から色々な教材に目を通して、自分に合ったテキストがないかどうか探しまくってみることです。

やる気が出ないということは、教材との相性がよくないということも考えられるからです。

色々調べてみて、これなら続けられそう、という一冊、一デジタルコンテンツを探してみてください。ジタバタしてみることも時には必要です。

もう一つは、オンライン英会話スクールを受講し、毎日でも話したいと思えるお気に入りの講師を見つけることです。ここは英語の教え方のうまい下手も大事ですが、外見や声が好みかどうか、というのも重要なポイント。

要はやる気がでればよいのです。

日本人は受験勉強で一通りの英文法や英作文力を学んでいるし、一定の語彙力もあるが、リスニングとスピーキングが苦手なことが、英語への苦手意識を生んでいるともいわれています。

これらを少しでも克服できれば、またやる気が戻ってくるのではないでしょうか。

そのためには、正確でなくても問題ないということと、教材との相性、講師との相性を吟味して、毎日学習を続けることだと思います。

そうすればスランプを脱出でき、さらに英語力は伸びていくと思います。

広告

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

Hi! 私Suzy と申します。気軽にスーまたはスーちゃんと呼んでくださいね。
現在取得してます
英語の資格は、
実用英語検定(英検)1級
TOEICも905点
通訳案内(英語)
も取得しています。
>>詳しいプロフィール<<


はこちら

おすすめしない教材

このページの先頭へ